明晴ニュース

明晴ニュース

<おしらせ>NHKろうを生きる難聴を生きるに卒業生西脇さんが出演

NHK ろうを生きる 難聴を生きる「ろうの高校球児 憧れの甲子園を目指して」に卒業生の西脇将伍さんが出演します。
卒業後、普通高校に進み硬式野球で甲子園を目指した姿が放送されます。是非ご覧になってください。
2018年8月11日(土) 午後8時45分 〜 午後9時00分
2018年8月18日(土) 午後2時00分 〜 午後2時15分
 
番組HP

<おしらせ>明晴学園の国際交流

2018年度になってからたくさんの方々が明晴学園を訪問しました。簡単にご紹介します。
 
レポートはこちらから ⇒2018年4月からの国際交流.pdf
 
〇5月21日 アメリカ ロチェスター工科大学学生20人
 

       
アメリカのろう者のための工科大学(NTID)を併設しているロチェスター工科大学(RIT)から20人のろうの大学生が明晴学園を訪問しました。RITの学生は日本手話で、明晴の学生はASLを使って会話をし、交流を楽しみました。

〇6月1日 CIEE(TOEFLを実施しているアメリカの非営利団体)からの依頼で、サンディエゴ州立大学の福祉系の学部で学んでいる大学生40人が見学に来ました。聴のアメリカ人大学生とろうの明晴学園の子どもたち。通訳もなしでどうやって交流したのでしょうか。年の小さい子たちも含めてとても楽しそうでしたよ。
 
      

〇6月14日にはスウェーデンから中国生まれのろう者のモモさん(14歳)が明晴を訪問しました。SVTというスウェーデンの公共放送のテレビ番組を作成するためです。日本滞在中にいろいろなところで取材、撮影しました。11月ごろにはテレビ番組になるそうです。明晴では中学部全体で交流した後、中2のクラスに入って一緒に勉強しました。
モモさんは今年の春に卒業した生徒の制服を借りてきています。明晴にすっかりなじんでいますね。
 

     

〇その他にもロシアのろう学校関係者、アメリカのコネチカット州立大学、ミュンヘン大学からそれぞれ手話・バイリンガリズムの専門家やろう教育の研究者が明晴学園を訪れました。それぞれの交流から今後明晴学園の生徒が交流先に留学したり、訪問したりする機会もあるかも知れません。

<おしらせ>立憲民主党のヒアリングに参加

6月21日に衆議院議員会館で行われた立憲民主党の情報コミュニケーション法案・手話言語法案検討WTの団体ヒアリングに参加しました。
明晴学園としては、現在の日本手話言語法(案)に賛成しておりません。手話を法律で規定する場合、未来のろう児が日本手話で教育を受ける権利を守るために、手話の定義を明確にすることが重要だと考えています。

<おしらせ>5月26日(土)音のない運動会

5月26日に春の運動会を行います。
目の子どもたちによる音のない運動会を体感してみたい方、ぜひいらしてください。
 
今年は恒例の種目に加えて、
満10年を祝って明晴学園の歴史に関する特別企画もあります。
昼に10~15分行う予定ですので、関心のある方はぜひご参加ください。
事前お申込みが必要になります。
 
日時:
2018年5月26日(土曜日)9時半~15時頃(受付9時~)
※雨天決行(体育館で行います)
 

<おしらせ>5月26日NHK/ETV特集で放映

5月26日(土)23時からNHKドキュメント番組「ETV特集」で明晴学園のこどもたちと卒業生の日々が紹介されます。ぜひ、ご覧になってください。
 

小さな手でおしゃべりする子どもたち
ETV特集「静かで、にぎやかな世界 ~手話で生きる子どもたち~」

5月26日(土)[Eテレ]後11:00〜11:59
再放送 5月31日(木) 午前0時(水曜深夜24時)
 

ETV特集 http://www4.nhk.or.jp/etv21c/

<おしらせ>クレジットカードでの寄付について

明晴サポーターズ・寄付の取り扱いについて、クレジットカードでの寄付が可能になりました。よろしく、お願いいたします。

《使用できるカード》

 国際ブランド(MASTER、VISA、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERS)のいずれかのロゴがついていれば、発行しているカード会社に関係なく、ご利用可能です。

《ご寄付形態》
◇今すぐ寄付
 都度、ご寄付金額を指定して、寄付していただきます。
 (継続ではなく、今回1回のみです)
◇これからも継続して寄付(自動継続)
 今回だけではなく1ヶ月や1年ごと同じ日に自動的に継続して寄付ができます。

詳細はこちらからお願いします。
http://info.meiseigakuen.info/support/credit/
よろしく、お願いいたします。

<おしらせ>NHK「みんなの手話」講師に森田明教頭

今年度、2018年度NHK「みんなの手話」に明晴学園の森田教頭が講師を務めることになりました。
これを機会に、明晴学園のこどもたちも使うろう者の手話を楽しく学んでみませんか。

NHK Eテレ(毎週)
放送日:日曜日 午後7時30分~7時55分 4月8日~ 
再放送:金曜日 午後1時05分~1時30分 4月13日~  

※テキストはお近くの書店でお求めください(本体362円+税)

■出演者

 ナビゲータ 三宅 健 (みやけ けん)
 講師 森田明(もりたあきら)
 講師アシスタント 那須 善子 (なす よしこ)
 監修 慶応義塾大学教授 松岡 和美 (まつおか かずみ)

■番組紹介
 https://www.nhk.or.jp/heart-net/syuwa/program/index.html

<おしらせ>明晴学園の国際交流

明晴学園には、海外からのお客さんがたくさん来ます。10月から12月は4件でした。上級生になるとASLだけでなく英語の筆談でコミュニケーションしたりします。これが明晴学園の英語力とコミュニケーション力の一つかも知れません。

レポートはこちらから ⇒ 2017秋の明晴学園の国際交流.pdf

<おしらせ>ハートネットTVリクエスト放送12/13

先日放送された手話の学校「明晴学園」のNHK放送「ハートネットTV」。
リクエスト放送されることになりました。ふたたび生き生きと学ぶ子どもたちの様子が放送されます。よろしかったら、ご覧になってください。
【静かで、にぎやかな学校】ー手話で学ぶ明晴学園ー
2017年12月13日(水曜)夜8時~8時30分 NHK Eテレです。
(再放送 2017年12月20日(水曜)午後1時5分~1時35分)
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/program/index.html?id=201710022000
永野芽郁さん「子ども達の元気に勇気をもらった」
http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/hntv/280571.html
番組ホームページ
http://www.nhk.or.jp/heart-net/

<おしらせ> WFDの国際中間会議で明晴学園の森田教頭が発表しました!

ハンガリーの首都ブダペストでWFD(世界ろう連盟)の第3回国際中間会議(11/8~10)が行われ世界各国から650人が参加しました。大会テーマは「手話による完全参加を!」で、「バイリンガル教育」、「手話言語と家族」、「雇用」、「テクノロジー」の4つの分科会が行われました。基調講演の他、約40の口頭発表と30のポスター発表があり、日本からの発表は明晴だけでした。


   



発表資料 WFD2017meiseigakuen.pdf


発表直後から多くのコメントをいただきましたが、明晴学園のHPに論文が掲載されている「ろう児の言語獲得を保障する —言語学者ができること—」の共同執筆者の一人であるラトマン・フンボルト大学教授のメッセージをご紹介します。

「ブダペストでみた発表の中で最も優れたものの1つである。森田さんと明晴学園の皆さんのますますのご発展を」
(one of best presentations I saw in Budapest! I wish Akira Morita and his colleagues at the Meisei Gakuen School for the Deaf all the very best.)

※ラトマン・フンボルト大学教授に、同論文のおかげもあって「めだか」が開設されたことを伝えると「すべての共同執筆者によいニュースを伝えておく」とのことでした。

会場の様子を動画でご紹介します!