小学部

 

 子どもも教員もお互いに理解しあえる日本手話の環境の中で、

 日々の授業と、様々な行事・活動を通して、自ら学び、自ら考える力を培います。

 

主な特徴

「手話」と「日本語」の授業

 「手話」の授業では、目的や場面に応じて構成を工夫して話す能力、話し手の意図を考えながら読み取る能力、話題や方向をとらえて話し合う能力、手話を分析する能力など、第一言語として手話の力を磨き、思考力を伸ばします。また様々な手話文学にも触れ、手話物語や手話ポエムなどの創作も行います。

 「日本語」の授業では、日本語を楽しむこと、日本語を使用して知識を得たり表現したりする力を伸ばすこと、日本語を使用することに自信がもてることを目標に、第二言語としての日本語の力を磨きます。

 

教科学習

 算数、理科、社会などの他の教科は小学校の学習指導要領に対応し、授業は日本手話と書記日本語の両方で行われています。日本手話は話し言葉として、日本語は書き言葉として、子どもたちは常に2つの言語を使い分けながら学んでいます。

 

子ども主体の話し合い・学び合い

 日本手話は聴力に関係なく自然に獲得できるので、子どもたちの共通言語となります。そのため、子ども主体の話し合いが活発であり、学校もそのことを大切にしています。また、学校生活の様々なことについても、子どもが中心になって話し合って決めるようにしています。

  

複式学級

 小学部では2学年ずつのクラス編成となっています。毎年、クラス編成が変わるので、上級生はリーダーシップが育ち、下級生は恵まれたロールモデルから様々なことを学ぶことができます。また、日本語や算数は学年別、社会や理科は2学年一緒に学ぶなど、様々な授業形態を取ることができます。

 

しかあり

 単に知識だけを学ぶのではなく、学んだことをもとに考え、表現し、やりとりし、それを生活に応用する力を育てるために、常に「しかあり」を大切にしています。

 

しかあり

 

※バイリンガルろう教育を推進しているカナダのドルーリーろう学校のKICA-PACK(知る=Knowledge、考える=Inquiry/Thinking、表す=Communication、利用する=Application)を取り入れたものです。

  

自己評価

 小学部の通知表である「生活の記録」は子ども自身で作成します。子どもがそれまでの学校生活や学習内容を振り返り、自分で評価し、新しい目標を作ります。自己評価の習慣を身につけることで、自分を客観的に見つめ、自分の意見をしっかりもつことができます。

 

主な行事

活動の様子