明晴ニュース
RSS2.0
ろうを生きる 難聴を生きる「手話放送ミックス授業編・前編/後編」※字幕スーパー 明晴学園の子どもたちと聞こえる子どもたちとの交流授業 NHK Eテレ 2020年6月26日(金) 午前10時25分 〜 午前10時40分 アンコール放送2020年6月26日(金) 午前10時40分 〜 午前10時55分 アンコール放送 https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/1292/https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/1296/ Eテレで話題となったドラマ「昔話法廷」。「さるかに合戦」をモチーフに、カニの親子を殺した猿が法廷で裁かれる。この番組の手話放送を元に、ろうの子どもたちと聞こえる子どもたちがミックス授業!前編では、初対面の様子から、子どもたちが、それぞれの言語(手話と日本語)を知り、違いを超えてコミュニケーションしていく様子を伝える。後編では、手話通訳を介した話し合いに挑戦!同じ小学6年生同士、それぞれの言語(日本手話と日本語)で、自分の考えを伝え合います。
本年度は「人工内耳か手話か」から「人工内耳も手話も」へ、というテーマでオンラインでのシンポジウムを7月11日(土)開催します。 聴覚障害児に対する早期支援で活躍が期待される全国の言語聴覚士の方々や、実際に聞こえない・聞こえにくいお子さんをお持ちの保護者の方々もご自宅から参加できますので、ぜひ、ご視聴ください。 ※使用言語:音声日本語、日本手話 ※通訳がつきます。 ■テーマ「人工内耳か手話か」から「人工内耳も手話も」へ~ろう児・難聴児の言語と概念を育てる~ ■開催日時と参加方法 日時:2020年7月11日(土) 13:00-15:00   https://www.meiseigakuen.ed.jp/setting/event/symposium      
ブログ
05/26
パブリック
6月1日からの学校再開に向けて  校内における感染症対策について、子ども向けに説明した動画を作成しました。 プリントについては保護者向け専用ページに掲載しています。合わせてご覧ください。 どうぞよろしくお願いします。   明晴学園における感染症対策について   
新型コロナウイルス感染症の拡大防止にともなう臨時休校については、こどもの成育・学習活動に大きな影響を与えています。つきましては、その影響を軽減するためにも、明晴学園での家庭学習支援およびオンライン校の取り組み状況について、簡単ですが以下にご紹介します。 ①保護者向けメール連絡(開封確認)を活用した、家庭学習支援およびオンライン校に関わる各種連絡②保護者向け専用ホームページを活用した、教材、学習課題の配布や動画配信(手話動画等)③テレビ会議・電話を活用した、ホームルーム、オンライン授業の取り組み(オンライン校としての取り組み) ■幼稚部の取り組み動画と一緒にたくさん遊ぼう!臨時休校中、毎日たくさんの動画を配信しています。それを見ながら、子どもたちが工作をしたり手話リズムをする様子の動画や写真がたくさん送られて来ます。お友だちの動画を見るのも楽しみのひとつです。オンライン授業も始まっています。 ■小学部の取り組み毎日、顔を合わせて手話で話します!各家庭のインターネット環境を調査してオンラインが整った学年からZoomを使ったオンライン授業を開始しています。まずは、午前の始めの会、午後の終わりの会を学...
ブログ
04/30
パブリック
新聞掲載
明晴学園が2月末に臨時休校になった翌日から 子どもたちの手話環境を守るために手話動画を配信していることについて、 共同通信より取材を受け、秋田、京都、四国、山陰の新聞に掲載されました。 ぜひご覧ください。   202004秋田さきがけ新聞.jpeg 202004四国新聞.jpeg 202004京都新聞.pdf 202004山陰中央新聞.pdf