タグ:明晴学園

ボディペインティングの日

 

先週末の幼稚部さんは、ボディペインティングで遊びました。

今日までに、手を使ったデフアートや、絵の具の混ぜ合わせ遊び、

水遊びに泥遊びをしてきたので、その集大成というわけです。

絵の具の入ったバケツに手を入れて、先生やお友だちにペタペタ手形をつけていきます。

追いかけられてはしゃぐ子、バケツに入れた手をじっと見ている子、

先生にどんどんおぶさって、団子みたいになっている子たち、みんな楽しそうです。

「ねえねえ見て」と黄色い手と青い手を擦り合わせてぱっと広げ、

「緑になったよ!」と教えてくれる子もいました。

いつのまにか顔まで絵の具だらけの子どもたち、

最後はブルーシートに水を張り、自家製ウォータースライダーでフィニッシュ。

この遊びが、まもなくはじまるプールにもつながっていくわけですが、

先生たちの思惑など何処吹く風、子どもたちは、ただただひたすらに遊ぶだけです。

サッカー交流

 

不思議なご縁で、ミャンマーのろう学校でサッカーを教えている

日本人コーチの米山さんが見学にいらっしゃいました。

昼休みはもちろんサッカー交流です。

小さい子から大きい子まで入り混じってチームを組み、

2つのボールを使ってゲームをします。

手話ができないコーチと子どもたちの間で、コーチの意図を汲み、

子どもたちに指示を伝える役割の子が自然と出てきて、

米山さんも身体を使って、徐々に子どもたちと意思疎通を図っていきます。

最後は勝敗関係なく、笑顔とハイタッチで終了しました。

屋上をキャンバスに

 

4月、図工の授業の様子です。

少し前まで幼稚部さんだった小1には、まずはのびのびと絵を描いてもらおうと、

はみ出すための枠もない、大きな大きなキャンバスを用意しました。

普段は立ち入ることのできない屋上に、子どもたちは大はしゃぎです。

大好きな電車やキャラクターの絵を描いたり、描いた絵でケンケンパに興じたり。

一緒にひとつの絵を完成させた女子2人は、創作意欲が止まらないようで、

「あっちにも、なんかかわいいもの描こうよ!」「いいね!」と、

キャンバスの上を飛び回っていました。

海外からのお客さま

 

ろう者・聴者を問わず、海外からもたくさんのゲストが明晴学園を訪れます。

そういった状況に慣れっこの子どもたちにとって、

廊下から知らない人たちに授業の様子を見られたり、

交流したりすることは、そんなに緊張することではないようです。

先週はフランスのろう協の団体や、ギャローデット大学の

評議員議長もいらして、見学や交流を楽しまれていました。 

 

動画のゲストはアメリカ人のレスリーさん。

レスリーさんはASL(アメリカ手話)指導者として、大学や専門機関等で

ASL手話教師や通訳者養成に長年携わってきた、とても有名な方です。

9年ぶりに訪れた明晴学園が、学校として着実に成長していることや、

子どもたちの数が増えていることを、とても喜んでくれました。

 

中学部は3年に1回、海外研修旅行に行きます。

教職員も、発表のために海外を訪れることがあります。

そんなとき、かつて明晴を訪れたゲストと偶然再会したり、

現地で力を貸していただくこともあるのです。

手話は世界共通語ではありませんが、

「ろう者」と「手話」でつながる世界は、広くてとても豊かです。