子どもが学校を作る~ろう児のリテラシー~

明晴学園トップページシンポジウムトップ

シンポジウム報告

六行会ホール

明晴学園は2010年1月23日(土)、24日(日)の2日間、「バイリンガル・バイカルチュラルろう教育シンポジウム」を開催した。テーマは「子どもが学校を作る ~ろう児のリテラシー~」。このシンポジウムは、これまでNPOバイリンガル・バイカルチュラルろう教育センターが開催していた「バイリンガル・バイカルチュラルろう教育研究大会」を受け継いだ形で行われたもので、明晴学園が主催するようになって2回目の集まりである。


六行会ホール

初日は東京品川区の「六行会ホール」で、東京豊島区にあるニューインターナショナルスクールのスティーブン・パール学園長の記念講演や、明晴学園の研究発表、模擬授業などが行われた。また2日目は、場所を明晴学園に移してバイリンガル・バイカルチュラルろう教育の公開授業の見学会が行われた。

公開授業展示を観覧閲覧

シンポジウム概要

あいさつ「リテラシーについて」をごらんください

このページのトップへ