子どもが学校を作る~明晴学園の教育~

明晴学園トップページシンポジウムトップ

シンポジウム報告

シンポジウムの様子

明晴学園では2009年2月28日(土)、3月1日(日)の2日間、「バイリンガル・バイカルチュラルろう教育のシンポジウム」を開催しました。このシンポジウムは、これまでNPOバイリンガル・バイカルチュラルろう教育センターが開催していた「バイリンガル・バイカルチュラルろう教育研究大会」を発展的に継承する集会となるものです。

大井町駅前の「きゅりあん」イベントホールに200人の参加者を集め、午前中はカナダ・オンタリオ州のヘザー・ギブソンさんの講演、午後は明晴学園の発表やパネルディスカッションが行われました。ヘザー・ギブソンさんの講演では、手話を「生活言語」にとどめず、「学習言語」にまで高めなければ日本語もまた学習言語として獲得できない、という先鋭なメッセージが届けられています。

シンポジウム概要

ヘザー・ギブソンさんの記念講演レポートを是非ごらんください