Meisei Gakuen School for the Deaf

トップページ>明晴アルバム&お知らせ

明晴アルバム&お知らせ

3月の様子

幼稚部でひなまつりをしました。着物をしておしとやかに歩いたり、お茶会ごっこでお茶を飲む練習をしたりしてから、本番のお茶会に臨みました。お茶はとても苦かったけれど、お楽しみの和菓子があるので頑張って飲みました。

 

もうすぐ卒業式、先輩たちともお別れです。幼稚部も小学部も中学部もそれぞれ、先輩たちとのお別れを兼ねて、お別れ遠足や社会見学に行ってきました。

 

幼稚部は夢の島熱帯植物園へ。様々な草花の観察や写生をしたり、広い芝生の上を思いっきり走り回ったりしました。遠足が終わった後も、しばらくの間、学校で花を作ったり花屋さんを開いたりして、花の生活を楽しみました。

 

 

小学部5・6年生は、江戸東京博物館へ。江戸の文化や人々のくらしのようすなど、授業で学んだ知識を展示を通して、さらに深めていきました。体験型のものを中心に楽しむ子もいれば、将軍家の系譜など、資料をじっくり見つめる子もおり、広い館内でそれぞれが興味に合わせて江戸を満喫した1日となりました。

 

中学部は去年の夏に国会(立法)と総理大臣官邸(行政)を見学したので、3月の社会見学では司法を中心に見学しました。ろう者の田門弁護士が勤務している事務所、東京高等裁判所、警視庁本庁です。司法について多方面から学ぶことのできた、とても貴重な経験となりました。

 

3月半ばにインフルエンザのために2クラスが学級閉鎖になりましたが、卒業式の前日には解除されて、延期になった送別会を行うことができました。懐かしいビデオを見たり手品を楽しんだりして、卒業式前のお別れのひとときを過ごしました。

   

 

3月24日に幼稚部の卒園式と小学部・中学部の卒業式が行われました。子どもたちの進行のもと、手話ポエムや送辞や答辞が行われました。保護者や卒業生、乳児のときからお世話になった方、支援してくださる方もお祝いにかけつけ、心のこもった式となりました。

掲載日/2016年4月7日(木)

         

2月の様子

2月1日から3日までの2泊3日間、中学部1・2年生がスキー合宿に行ってきました。白樺高原国際スキー場で、スキーやそり遊び、つららなどの雪景色などを楽しみました。初めてスキーを体験する生徒もいましたが、全日本聴覚障害者スキー指導員会からろう者のインストラクター2人に派遣してもらい、手話で分かりやすく指導していただいたおかげで、スキーの面白さを知ることができました。

  

 

中学部がスキーを楽しんでいる間、学校では幼稚部が豆まきで鬼を退治しようと頑張っていました。鬼役は高校受験のため学校で留守番している中学3年生たちです。いざ鬼がやって来ると、泣き出す子、必死に豆を投げる子、抱きかかえられても果敢に戦う子。小学部の子どもたちも応援にかけつけました。やっと鬼が退出しても、本当に逃げたかどうか、安全確認を怠らない子どもたちでした。

 

豆まきの2日後は、西武遊園地で楽しい楽しいそり体験。ビニール製の大きな滑り台も大人気で、前向き、後ろ向きなど、いろいろな滑り方を楽しみました。その一方で、雪玉を作ったり、大きな穴をほって潜り込む子どももいました。 

 

 

小学部1・2年生が手話の授業で、1年間のまとめとして、手話ニュースの制作を始めました。インフルエンザや花粉症について調べたり、ビデオカメラを抱えてあちこちの教室へインタビューの取材に行ったりして、まるで小さなテレビ会社でした。

  

 

中間試験・期末試験の一週間前になると、職員室である現象が見られます。試験問題の作成に取りかかるため、生徒は職員室に入ることができません。そのため、職員室にいる先生を呼ぶときには、ドアの隙間から手だけ出して、先生を呼びます。先生の名前を指文字で呼ぶこともあれば、壁を顔に見立てて手話で呼ぶこともありました。

 

 

2月18日に幼稚部で発表会を行いました。一生懸命練習したコマ回しを披露したり、子どもたちで考えた、1年間の思い出の手話リズムを発表しました。次はお父さんやお母さんからも発表です!それぞれ仮装して見事な手品を披露してくれて、子どもたちも大喜びの楽しい発表会でした。

   

 

2月21日から22日までの2日間、フィリピンからデ・ラサール大学のろうや聴の教職員および手話通訳者12人が、明晴学園の視察に来ました。見学だけでなく、子どもたちとも手話や英語を交えて交流しました。手話の違い、それぞれの食べ物や乗り物のこと、ろう学校、ろう者の仕事や生活の状況など、多肢にわたる交流ができました。また日本文化である盆踊りや空手の披露も喜ばれました。

 

小学部3・4年は国立障害者リハビリテーションセンター学院へ校外学習に行ってきました。午前は、手話通訳学科について説明を聞いたり、自分たちの学校について紹介したり、手話通訳学科の学生たちと筆談交流したりしました。午後は模擬通訳「親子クッキング教室」。学生たちの通訳を見ながら1人ずつオムレツを作りました。お互いに手話や日本語を教えたりして、ろうの子どもたちと手話通訳の卵たちが交流することは、将来、社会で活躍するための大切なパートナーとしていいことなのかもしれません。

掲載日/2016年3月8日(火)

1月の様子

冬休みが終わって学校が始まると、お正月をテーマにした活動や授業が繰り広げられ、校内はお正月ムードになりました。

幼稚部では凧揚げ、福笑い、コマ回しなどなど。

クリスマス会のときにサンタからもらった凧で凧揚げ。なかなか上がらず、一生懸命走って上げようと奮闘中。走りつかれて休んでいる子も。

     

福笑い。次はわたしがやりたい!と目隠し用の手ぬぐいを奪い合い。自分の顔を福笑いにして遊ぶ子もいました。

     

小学部も1・2年生の生活の授業にお正月遊びをしました。

福笑いは子どもたちの手作りで、タコやポケモンもあって面白そうです。

     

昔話をテーマにしたカルタ。桃太郎、浦島太郎などの絵が描かれていて、どんな昔話かを語ります。どの子どもも堂々とした語りっぷりで、カルタというよりもミニ読み聞かせになりました。

     

 

     

真剣なバトルが繰り広げられた羽根つき。

   

3・4年生は手話の授業で、手話の語彙カルタを使った勉強をしていました。読み手が例文を出し、その例文にふさわしい手話語彙を探すというものです。

       

ちょうどそのころ、デンマークろう者のオラさんが訪問に来て、デンマーク手話と絵の組み合わせによるカード遊びをしました。

 

もちろん、お正月遊びだけでなく、いろいろな勉強も頑張っています。

     

 

2月初めに漢字検定があるため、漢字検定の対策に励む風景も見られました。

     

         

中学部の文化部が今年のカレンダーを作り、各教室に配りました。

月ごとの学校行事の絵が描かれていて、子どもたちも興味津々で見ていました。

              

1月15日は恒例のマラソン大会です。天気に恵まれ、青空の下で最後まで走り抜こうと頑張りました。

     

 

 

中学部では3年生がいよいよ高校受験が近づき、小論文、面接、集団討論などの練習も本格的になってきました。集団討論では、聴の先生やスタッフに聴の中学生役をお願いし、本番と同じように進められます。司会や他の中学生の発言は手話通訳が認められていますが、自分の発言の読み取り通訳は認められず、ホワイトボードに書くことになっています。そのため、模擬集団討論を何回か積み重ねながら、発言するタイミングや効果的な書き方などを学びます。春はもうすぐです。

 

掲載日/2016年3月3日(火)

12月の様子

12月1日

12月に入ると、さっそく、乳児クラスと幼稚部が一緒になって、大きなクリスマスツリーの飾りつけをしました。最後にツリーのてっぺんに大きなお星さまをつけたら完成!しばらく、クリスマスの灯りをつけて楽しみました。

     

 

校庭では、小学部が体育の授業でアイスホッケーのようなスポーツをしていました。寒さにも負けず、熱戦を繰り広げていました。

     

 

12月3日

ろう者の広瀬芽里さんが小学部1・2年の教室に来て、青年海外協力隊員として活動してきたドミニカ共和国の様子について話してくれました。千神祭の劇のために世界中の子どもたちの暮らしについて勉強してきたので、どの子どもたちもドミニカ共和国の生活や子どもたちの様子について真剣に聞いていました。

     

 

12月7日

図書室では、月に何回か、昼休みに中学部の図書委員による絵本の読み聞かせが行われています。12月は五味太郎の「まどからのおくりもの」、いろいろな動物たちにクリスマスプレゼントを贈るサンタクロースのお話でした。

     

 

12月9日

幼稚部では、クリスマス会にサンタクロースを迎えるために、段ボールの家づくりが始まります。まず教室を区分し、自分の土地を決めると、それぞれの家づくりを始めます。毎登園するとすぐに、自分の家づくりで忙しそうでした。

     

 

12月14日

1月の書初め大会に向けて、書道の練習が始まりました。背筋をピンと伸ばし、とめやはねに気を付けながら筆を動かしました。

     

 

12月15日

待ちに待ったクリスマス、サンタクロースがやってくる日です。それぞれの段ボールの家で寝ながら待っていると、サンタクロースがやってきて、プレゼントを配ってくれて、大喜びでした。

       

 

12月22日

今年最後の授業の日は大掃除です。教室や廊下、窓枠などを隅々まできれいにして、学校もきれいになりました。

 

掲載日/2016年1月5日(火)

このページのトップへ

資料室